flower border

大分アロマサロンPorte-Bonheur~ポルト・ボヌール

わんことアロマと癒しの時間~2匹のラブラドールと暮らすアロマセラピストの日記

思い返すコトも時には必要

Category未分類
皆様、こんばんは!

ポルト・ボヌールです。




強風や大雪と天候が大荒れとなっていますが・・・

皆様、大丈夫でしょうか?くれぐれもお気を付け下さいね。






ここ数日、くよくよしたり、不安になる事があったり・・・

で、色んなことを改めて思い返していました。

そもそも、なぜアロマセラピストになったのか?






数年前、更年期の母に自己流マッサージをしていました。

不眠、体の張りや痛み、体のほてりやイライラなど様々な症状がありました。

お風呂に入った後、布団の上で眠りにつくまでマッサージをしました。

すると、体調が次第に良くなっていった母。

もしかしたら、マッサージって体に良いのかな?と思うようになりました。

でも、それほど興味もなく、資格を取ろうなんて考えたことも無かった私。

そんな私が、成り行きで?何となく始めたアロマの勉強。

片道2時間以上かかる福岡のスクールまで、2年と少し通いました。

その間に、祖父、父、elmoちゃんちゃんにアロマトリートメントを施術でき

それぞれに対しての体や心にもたらす効果を実感する事が出来ました。







祖父は、約4年入院生活をしていました。

疎外感や寂しさから生きることを拒んでいたかのように

食べること、飲むこと、話すこと全てをやめていました。

手足はまるでグローブ?のようにパンパンに浮腫んでいました。

それが、アロマトリートメントを始めると、みるみる心の氷が解けていき

手足の浮腫みもスーッと取れていきました。

食べて、飲んで、話して、歌って・・・バンザイまでしてました(笑)

次はお酒を飲みたいだとか、お刺身を食べたいなどリクエストもしていました。

「こんなに気持ち良いものとは知らなかった。ありがとう」

そんな言葉をもらえたことがとても嬉く、今でも心に残っています。

そして、アロマトリートメントをしながら、旅立ちを見送ることも出来ました。






亡くなった祖母にも、ハンド&フットトリートメントをしていました。

祖母は色々な事を我慢して、寂しい思いをしていました。

トリートメントを始めると、次第に表情が軟らかく穏やかになっていました。

昨年、心臓の発作で突然亡くなってしまったので、何もしてあげられなかった・・・

私達に出来る事、もっとあったのではないか?

それが未だに、母と私の心残りになっています。







父は、気性が荒くて激しくて・・・

特に、病気が発覚する1年は本当にきつかったです。

でも、「余命」を突き付けられた私達には、立ち止まることは出来ませんでした。

少しでも長く生きてもらおう。

不安や痛みを少しでも和らげてあげよう。

笑顔で穏やかになってもらおう。

そんな気持ちで、家族全員団結して、父の闘病生活をサポートしました。

時には母や姪っ子、叔母達を巻き込んでアロマトリートメントを行いました。

不安や恐怖心から不眠だった父も、だんだんと眠れるようになっていきました。

夜、トリートメントをして父が眠りについたのを確認してから

母と二人、そっと息を潜めて病室を後にしたことを、今でも思い出します。

それが良かったのか分かりませんが、余命2ヶ月だったのに

あまり期待できなかった薬が奇跡的に効き、3ヶ月延命することが出来ました。

また、抗がん剤の副作用もあまり無く、毎日面会に来てくれるお友達や親戚と

談話室まで歩いて行き、お茶を飲みながら楽しくお話していました。

亡くなる3日前まで、とても元気でした。

そして何よりも、トリートメントの時間の中で生じる、笑顔や会話の中で

家族関係の修復や許し、良い思い出を作ることが出来ました。








elmoちゃんは、寝たきりの生活が8ヶ月続きました。

そのうちの3ヶ月は、頭も上がらず、手足は硬直していました。

レーザー治療の他に、自宅でリハビリやアロマトリートメントを行いました。

次第に頭が上がり、手足が動きくようになり・・・

父の抗がん剤治療が効き始めた頃には、立って歩いていました。

それでも2時間おきの寝返りとマッサージ、リハビリはずっと行っていました。

その甲斐あって、長い介護生活の中でも、床擦れは出来ませんでした。

そして、呼吸が荒くなった時にも、アロマで顔周りや体を軽く擦ると

ハアハアと荒い息遣いは、次第に穏やかになり、寝息に変わっていました。

食べ物や飲み物を口にしなくなった日が2日続いた時も

痙攣を起こした時も、トリートメントをしました。

勿論、病院にも通いながらですが。

息を引き取る前から亡くなった後も、ずっと添い寝して全身を擦っていました。

体は冷たくなっていくのに、不思議と死後硬直はありませんでした。

まだ生きているんじゃないかな?と思うくらいに・・・。

人間にも、犬(動物)にもアロマトリートメントの効果はあるんですよね。







何となく足を踏み入れたアロマの世界。

気が付くと国際資格まで取得していた私。

でもそれには、ちゃんと意味があり、私に用意されていた必然的なコト。

どんなに遠回りをしたとしても、この道を選択していたのだと思います。







「命」は尊く儚くて・・・「死」は本当に悲しく辛い事です。

でも、その「命」や「死」を通して大切な事を沢山教えてもらいました。






父、祖父母、elmoちゃんが私に教えてくれたこと。

これからは皆さんに、伝えていきたいな。






あれ?私、何だかスッキリしてる(笑)

時には、こうやって思い返すコトも必要ですね。





fc2_2014-12-18_16-02-47-443.jpg



elmoちゃんが介護生活に入る前の写真です。

楽しかったね~♪


0 Comments

Post a comment