flower border

大分アロマサロンPorte-Bonheur~ポルト・ボヌール

わんことアロマと癒しの時間~2匹のラブラドールと暮らすアロマセラピストの日記

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緩和ケアセミナー

Category未分類
皆様、こんばんは!
ポルト・ボヌールです。

昨日は市民公開緩和ケアセミナーへ参加してきました。
テーマは「多職種のチームによる緩和ケアについて」
福岡県の栄光病院 吉田先生の講演の後
薬剤師、理学療法士、管理栄養士、臨床心理士、
音楽療法士の先生方のお話をお聞きしました。

管理栄養士の先生のお話しを聞き、
父が抗がん剤治療を行っている時のことを思い出しました。
食欲が無くなり、口から食べ物を摂ることが出来ませんでした。
栄養補給のドリンクやゼリーなどを出してもらっていましたが、
口にする事はできませんでした。
管理栄養士の先生のお話では、
実際に抗がん剤治療を行っている患者さんに
アンケートをとり、食べられそうな献立を作り、
その中から患者さんのオーダーがあった
食事を出しているとのことでした。
食べる事は生きる事。
父も、このような食事があば、食べる楽しみや、
体力も少しは違ったのではないかな?
今更ながら感じました。
そして、最も印象深かったのは音楽療法士の先生のお話。
好きな曲を、リズムやキーを患者さんに合わせた演奏を行い
歌うことにより楽しい時間を過ごし心を癒す。
呼吸法を利用してリハビリにつなげたり
音楽がもたらす身体的・精神的効果。
歌を歌ったり、聴いたりしてながら家族と過ごす楽しい時間。
私が、父と祖父の入院生活の中で行った
アロマトリートメントを通して感じたことと
共通しているような気がしました。

ひとことで「緩和ケア」といっても
そこには様々な職種の方たちが関り、
その時患者さんが何を求めているか?
耳を傾け、寄り添いながら、
それぞれの専門分野でアプローチして解決する。
本当に凄いなぁと感じました。
そこに、アロマセラピストとして
私も参加出来たら・・・と
ちょっぴり妄想してしまいました~。


fc2_2013-05-28_11-08-57-636.jpg









fc2_2013-05-28_11-09-25-275.jpg


私の大好きなガーベラ
咲いてくれてました♪

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。